<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 福島第一原発3号機も炉心溶融、後手の連続 | main | 原発事故制御不能に至らせた手順の悪さは最悪 >>

爆発も怖いが、炉心溶融の進行が止まらない

 福島第一原発の3号機で14日、1号機に続いて原子炉建屋の爆発が起きてしまいました。これも確かに怖い事象ですが、海水注入を続けている1、3号機で燃料棒が水面に露出する状況が解消できません。核燃料の崩壊熱を水で吸収できないと、炉心溶融の進行が止まらないのです。14日午後には2号機まで自前で冷却する機能を喪失、1、3号機に続いて海水注入を始めてしまいました。2号機の燃料棒は一時、完全に露出したと伝えられました。

 日経新聞が14日朝の《福島第1原発3号機、水位が上昇》で3号機では「午前9時5分には水位が上昇し、露出している長さは1.5メートルになった」「1号機については午前9時5分に1.8メートル露出しており、前日から大きく変化していない」と報じています。


 海水を注入しても水位が上がりにくいのは、圧力があって入らないか、どこかに漏れているかです。上の図は「New photos of reactor building partial collapse」から引用した沸騰水型原子炉格納容器の断面図です。中心にあるのが原子炉圧力容器で、ここに注水していますが、ご覧の通り外に漏れても格納容器には膨大な空き空間があるので圧力容器の外側から水で一杯になることはあり得ません。燃料の溶融で水素ガスが発生して注水を妨げる要因があり、大規模なメルトダウンに至らないよう注水作業を見守るばかりです。

 【参照】インターネットで読み解く!「原発」+「地震」関連エントリー


コメント
2号機 再び核燃料すべて露出
3月15日 0時9分 NHK online
東京電力は、福島第一原子力発電所2号機で、14日午後11時ごろ、原子炉の中の気体を逃がす弁のふたが閉まり、冷却水を原子炉の中に送られなくなったため、水位が下がり、再び核燃料がすべて露出した状態となったとみられると発表しました。

緊急中の緊急処置として、定期点検中の原発を動かして電力を確保するなど、可能な限りあらゆる手段を尽くしてほしい。祈るしかないが。
  • D
  • 2011/03/15 12:29 AM
  •  
東電の非常用電源は定期点検をしてなかったという情報があります。動かなかったのは本当に津波のせいでしょうか???
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック