<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 現実にすぐ追い越されてしまう最高裁判決 | main | ニュースの質自体を低下させる既成メディア >>

いくらアウェーでも!!カタール戦YouTubeコメントに賛成

 アジア杯準々決勝のカタール戦、はらはらしながら見てしまいました。ザッケローニ監督は「カタールのホームゲームという雰囲気の中で、10人になったが、攻撃の手を緩めることなく、最後はサイドバックの選手がゴールを決めるという日本らしいサッカーができた」と結果として満足そうでしたが、いくらアウェーでもあの審判ぶりは酷かったと思えました。「決勝ゴールのYouTube」についたコメントに賛成です。

 まず伊野波にこぼれ玉が渡る前の、ゴール前で香川へ繰り返されたタックルは危険すぎます。「最後、香川にタックルかました奴、サッカー辞めて欲しい。見逃した主審は、サッカーに二度と関わるな!」(totoloto6)。それにしてもゴール前でボールを持たせたら、瞬発力がありドリブル突破できる香川は極めて危険な選手であることが証明されました。

 退場になった吉田は、守備対象にしている相手フォワードがこれでもかと体を預けて倒れ、ファウルと見せる演出を執拗に繰り返すのですから、ちょっと可哀想に思えました。「欧州の審判に裁かせて、セバスチャ-ンみたいな見え見えのシミュを繰り返しする下手な選手をイエロー二枚で退場させれば普通の試合になったのにね。カタールはこんな見苦しい事やってると永遠に強くなれないよ」(cubekleene)

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック