<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
  • 脱未婚=結婚へ動き、30代から中高年まで活発に
    大山弘一 (11/28)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 『中国で新卒争奪戦』刺激的だが大勢ではない | main | 既成メディアとネットの拮抗、潮目が変わる >>

主導権を誇示幻想の北朝鮮と現実離れの暴力装置議論

 誰も相手にしてくれなくなると「主導権はこちらにある」と誇示するのが北朝鮮の毎度の行動パターンです。死傷者多数が出た韓国・延坪島への砲撃ニュースから一夜明けて、《北朝鮮「敵視しないなら核兵器開発放棄」 米紙報道》(朝日新聞)を見て、その思いを強くしました。先週、米国の専門家に新たにウラン濃縮型核開発を見せておきながら、従来のプルトニウム型核兵器製造の中止と見返りに「米朝が国交完全正常化を目指すことなどをうたった2007年10月の6者協議の合意文書の尊重を、米国が改めて表明することを求めた」そうです。

 砲撃には韓国側も砲撃で対抗し、日本の新聞で見ているとそこそこの効果があったように読めますが、北朝鮮側が一枚上手だったよう。朝鮮日報の《北朝鮮砲撃:韓国軍の対応は適切だったのか(上)》は「北朝鮮の海岸砲陣地は、岩盤に狭い穴を掘り、射撃に使う砲口だけが開いている構造で、正確に砲口やその付近を狙わなければ破壊できない」。対抗して使った「自走砲では正確な破壊が困難だ」「正確に目標を破壊するためには、同日出動したKF16、F15K戦闘機計8機から衛星利用測位システム(GPS)で誘導される統合直接攻撃弾(JDAM)や空対地ミサイルで攻撃する必要があった」と伝えました。ここで敢えて空から攻撃すれば、相手から大反撃を引き出す恐れがあり、断念したのでしょう。

 大局的には無謀な行動でも、こうした細部での駆け引きに周到なところも北朝鮮の常です。間違えればソウルが火の海になりかねない朝鮮半島でのにらみ合いの構図については、2006年の核実験の際に「北朝鮮が求めているのは誇りでないか [ブログ時評66]」に書いていますのでご参照ください。文字通り「武士は食わねど」の国ですが、突然の砲撃は朝鮮戦争停戦協定の当事者だった中国無視もいいところで、当然ながら軋轢を生むでしょう。

 このところしばらく、仙石官房長官の「自衛隊=暴力装置」発言を問題視して空転する国会やマスメディアの対応を見て、あまりに呆れ果てました。工学部出身の私でも大学時代に学んだ程度の政治学の常識です。マスコミ内部で見れば政治学や社会学、経済学、法学などの人文系出身者が多数派なのですから、よほど不勉強だったのだと思わざるを得ません。こうして近隣の国際情勢が緊迫してくると、何のために武器を備えているのかが見えるでしょうから、前の政権党である自民党とマスメディアは目を覚ますべきです。


コメント
うるせえ北の狗
マンセーしてんじゃねえぞ
  • 2010/11/24 5:44 PM
  •  
今回の砲撃は北朝鮮の瀬戸際外交の一環なのでしょうが、それにしても、その目的が不可解であることにちがいはありません。もう少し情報収集してみないと確かなことは言えないでしょう。今回の砲撃で世界中の非難を浴び、6者協議および米朝交渉再開もより困難になり、北朝鮮が望んだ結果が得られたとは到底思えません。
北朝鮮に対する強硬姿勢で定評のある保守系新聞、「朝鮮日報」を引用されていますが、そのような軍事技術的観点から、この事件を分析することに意味があるとは思えません。韓国には「ハンギョレ」などの、朝鮮半島問題を対話と平和的手段で解決しよとする、すぐれたメディアの存在があります。団藤氏の韓国メディアの選択基準は不充分なものと言わざるをえません。
北朝鮮の瀬戸際外交そのもの。
と言うか、後継者とみられている三男の金日恩の力を内外に示す魂胆が見え見え。
前回の後継者である、金日正のときにも例の「大韓航空機爆破事件」北朝鮮の後継者である金日正の力を内外に見せたと言われています。
こんな下らない謀略に韓国にも日本にもアメリカにも乗って欲しくない。
彼らは、示した事で調子に乗り、六か国協議や支援物資を確保しようとしています。
もうあんな国は、無視してください、中国がいなければ何も出来ない国なのですから。
  • ひふみ
  • 2010/11/24 8:46 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
北朝鮮、韓国領に砲撃
日本から一番近い国だが、こういう事態が発生してみると、やはり相当違う国なんだな、と実感する。 23日午後、北朝鮮側から韓国領の延坪島に砲撃があった。これに韓国側も応戦し、砲撃戦となった。韓国側の兵士1人が死亡し、13人が負傷していると発表されている
  • 虎哲徒然日記
  • 2010/11/25 10:27 AM
  •  
東レ 浄水器 トレビーノ カセッティシリーズ 交換用カートリッジ 【高除去(13項目クリア)タイプ】 1個入 MKC.XJ |
東レ 浄水器 トレビーノ カセッティシリーズ 交換用カートリッジ 【高除去(13...
  • 見つけました
  • 2010/11/28 2:52 PM
  •  
デートでの主導権の取り方
デートでの主導権の取り方ですが、例で言うと、デートでの行き先を決めるなど女性を引っ張って行く事や、会話などで男性側からの話題提供をしてあげる事です。デートしたはいいが、「どこ行こっか?」とお互いになってしまい、特に行くとこもなくダラダラとしてしまうデ
  • 後藤孝規のもてる方法
  • 2010/12/06 12:18 PM
  •