<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 探査機「はやぶさ」の快挙、しみじみ嬉しい | main | 主導権を誇示幻想の北朝鮮と現実離れの暴力装置議論 >>

『中国で新卒争奪戦』刺激的だが大勢ではない

 朝日新聞の《中国で新卒争奪戦 日本企業、「負けず嫌い」求める》がブログなどで話題になっています。「日本の企業が、本格的に中国で大学新卒者の確保に動き出した。年630万人という世界最大の市場に狙いを定め、日本本社の幹部要員として採用する」という話ですから、就職難に喘いでいる日本の大学生を刺激します。「リクルートによると、3〜6日、北京と上海で開いた面接会に参加した大学は39校。北京大や清華大、上海の復旦大など中国のトップ校を中心に約1万人の学生が集まり、その中から適性テストや面接を通過した大学4年生計1千人が面接に臨んだ」そうですから、「贅沢なご馳走」を用意された企業の採用担当者が喜んだのも無理からぬところ。

 中国での本質的な人余りぶりは、昨年の第171回「世界不況を契機に経済成長神話見直そう」で大紀元時報の報道「2008年中国国内失業者数、2.5億人に達する恐れ」を紹介しました。「政府は毎年2400万人の雇用機会を創出しなければならないと計画しているが、しかし人材需要に関しては、毎年8%から9%の経済成長率を持続していくには現有の労働力の上、1200万人の新たな労働力があれば十分だという試算がある」。中規模国の産業社会をそっくり毎年、新たに造りだしていくような異常な目標を掲げなければならないのですから、人は余ります。

 一方で、ニューズウィークが先日「中国エリートは欧米を目指さない」と題した、名門・清華大でのインタビューをもとにしたレポートを出しました。「欧米、特にアメリカは、かつて世界で最も上昇志向の強い人々の最終目標だった。だが今は、世界のエリートにとっての通過点でしかない。本気でビジネスに取り組み、富の創造を始める前に、学位を取って履歴書に箔を付けるための場所だ」「彼らにとっては、新興諸国こそリッチで有名になるための舞台だ。今後数十年の世界経済の成長の大部分は新興諸国が担うだろう」

 そこで先週の第228回「若者が目指す国、捨てる国〜世界総覧を作成」では割愛した高学歴層の移住希望動向に目を向けましょう。ギャラップの調査から拾い直すと、中国は若者での移住希望指標はマイナス10%でしたが、4年制大卒以上の高学歴層ではマイナス18%と、さらに多くの人が祖国を離れたがっています。香港の指標は若者マイナス5%に対し高学歴層マイナス28%と一段と顕著です。

 産経ニュースの《【石平のChina Watch】始まった「中国からの大逃亡」 エリートばかり6万5千人》が「2009年に中国から米国への移民だけでその人数は6万5千人に上り、しかもその大半は、エリートや富裕層であるという。彼らの移民先は主に、米国を筆頭にカナダやオーストラリア、シンガポールなどの諸先進国である」と伝えています。

 これからのし上がろうとする若手は新興国に、財をなしたグループは先進国に目が向いている状況です。日本の採用活動はささやかなエピソードでしょう。

 【参照】インターネットで読み解く!「中国」関連エントリー


コメント
世界の文明の中心は、米国から中国へ移りつつあるという認識が、世界の識者の予測するところである。その巨大な隣人、中国の社会状況分析は、実に興味深いものがある。中国人高学歴者の国外脱出傾向は、「中国にはもともとナショナリズムが非常に弱い」という点からも説明できると思う。日本人は中国のナショナリズムを見誤っている。
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます。
ありがとうございます。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
本業を辞めずに「空き時間」を「副収入」に変える方法
「自宅で稼げるよ!」ではなく【 実際に稼いでいる 事実談 】 なんと副業で、、、 借金完済しちゃいましたぁ!! やるか、やらないかは、自分で確認してから決めれば良いのです!
  • 本業を辞めずに「空き時間」を「副収入」に変える方法
  • 2010/11/24 10:14 AM
  •  
添え状 書き方、例文、履歴書
添え状の書き方、例文、履歴書についての情報です。
  • 添え状 書き方、例文、履歴書
  • 2010/11/29 11:16 AM
  •  
雇用契約書 書式
雇用契約書の書式についての情報です。
  • 雇用契約書 書式
  • 2010/11/29 2:32 PM
  •