<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 米国住宅ローン問題の病根深く景気は戻らず | main | 韓国GP、薄氷の準備。路面はF1カーに耐えられるか >>

高速炉もんじゅに出た『生殺し』死亡宣告

 福井県にある高速増殖原型炉もんじゅで原子炉内に落下してしまった炉内中継装置(直径46cm、長さ12m、重さ3.3トン)を引き抜く作業が13日、失敗に終わりました。毎日新聞が「もんじゅ:誤落下、中継装置抜けず 運転休止長期化も」と伝えましたが、技術的常識に従えば本格運転も廃炉措置も出来ない袋小路に追い込まれたと言えます。『生殺し』死亡宣告が出されたのです。

 炉内中継装置は「2本の筒を8本のピンで上下に接合した構造で、下から約5メートルの部分に接合部がある。この接合部あたりで抜けなくなっている」「引き上げ作業では、設計上の限界4・8トンまで引く力を段階的にかけて24回試したが、抜けなかった。もんじゅは構造上、装置を引き抜かなければ原子炉の運転ができない。現状では接合部が原子炉容器内部にあり、アルゴンガスやナトリウムで覆われているため、目視で調べることができない」

 10月1日に日本原子力研究開発機構から出された中間報告で「落下による影響はない」としたばかりでした。15日に開かれた県原子力環境安全管理協議会で、「委員の『炉内の傷の有無はどう確認するのか』との質問に、もんじゅの向和夫所長は『物理的に装置は真っすぐ落ちており、炉内や燃料にぶつからない』と強調した」(「もんじゅ、国の管理不備指摘 県安管協、炉内装置落下で」=福井新聞)のですが、落下した装置側に変形がある以上、ぶつかった先の炉内が無傷と考えるのは工学的に非常識です。

 読売新聞が「もんじゅ炉内装置落下 長期化恐れ/原因究明を 福井大・竹田所長に聞く」で今後の対処法を聞いています。「最終的には原子炉容器の上ぶたを外さないと、装置を取り出せないかも。しかし、冷却材用のナトリウムが空気と反応して燃えないよう、容器内にはアルゴンガスを満たしており、簡単にはふたを外せない。装置を壊して取り出すなどの方法を考えた方がいい」

 「装置を壊して取り出す」とまで言い出す点に、専門家がいかに困惑しているのかが現れています。原子炉容器の上蓋を外すにも、この炉内中継装置が健全である必要があります。なぜなら上蓋を外すとアルゴンガスが抜けて空気と触れた液体ナトリウムが激しく反応して燃え出しますから、まずナトリウムを抜いて置かねばなりません。冷却材のナトリウムを抜く前には、炉心から燃料棒を全て引き抜く必要があり、燃料棒を炉外に出す装置がこの炉内中継装置なのです。第215回「もんじゅの炉心用装置落下、死んだも同然に」に引用した図「原子炉内での燃料交換と移送」をご覧ください。燃料移送の要の位置にあります。

 では原子炉容器の上蓋を開けるのを避けて、装置を壊せるのかです。下の図は原子力機構が公表しているもので、厚さが3.695メートルもある上蓋の穴に炉内中継装置がはまっています。

 直径46cmのパイプ状ですから、内部に何らかの切断機械を押し込んで壊すだけなら可能でしょう。しかし、パイプの下は原子炉内ですから、大きな破片はもちろん小さな切削片すら落とすことは許されません。不透明なナトリウム液中で回収は不可能で、本格運転した際に物理的な損傷や炉心中性子分布の異常を引き起こします。滅茶苦茶に厳しい条件で、現状では壊して引き上げる方法を知りません。ロボット装置のようなものを研究開発すれば何年もかかるでしょうし、出来ない可能性が高いと思います。

 運転も廃炉も出来ない『生殺し』を避けるわずかなチャンスが残っています。健全でないと判っている炉内中継装置、その下の炉内にも何かの異常があることに目をつぶって燃料棒を炉外搬出するのに使ってしまうのです。もし全て搬出できればナトリウムを抜いて作業が出来ます。しかし、燃料搬出の途中で止まりでもしたら、旧ソ連チェルノブイリ原発のような『永遠のお荷物』が出現します。

 (2011/6/10お知らせ:この問題を検討した最新記事は「高速炉もんじゅ落下装置引き上げに工学的無理」です)

 【参照】インターネットで読み解く!高速炉もんじゅ関連エントリー


コメント
炉内中継装置が使えなかった場合に上蓋を安全に開けられるかもしれない手を一つ思いつきました。
FLiBe辺りの溶融塩でナトリウムを置換してしまえば、空気と激しく反応はしませんので蓋を開けられるようになると思います。ただし、常に200°Cくらいにしてないと固まりますが...... あと、密度が2くらいあるので、重量的に耐えるのかどうかはよくわからないところです。
  • k_o_
  • 2010/10/20 3:28 AM
  •  
廃炉にすることを前提に
まず現在の中継装置を破壊し
装荷されている核燃料の回収、炉外搬出だけを役割に、
新たな装置を入れてはいかがでしょう?
  • ヒゲ達磨
  • 2010/10/22 9:48 PM
  •  
ナトリウム漏えいに備えて、上蓋を含む空間も
不活性ガスで充填可能なのでは。
  • 希ガス
  • 2010/10/27 2:06 AM
  •  
2010年10月29日の行政刷新会議の事業仕分けでは、
>再開したとたん、8月に原子炉内に重さ3トンを超える装置が落下した問題などがとりあげられ、「『もんじゅ』はこのままいっていいのか考えるべきだ」という発言もありました。<
>エネルギー対策特別会計の議論では、高速増殖炉サイクル実用化、もんじゅを含む予算を、10%をめどに縮減することが求められました。<

予算面でも「生殺し」が続くようです。
「ナトリウム冷却型高速増殖炉技術の世界標準を獲得するための競争の時代に入った。」(事業シート)だそうで、当分の間は、もんじゅは生殺し、(独)日本原子力研究開発機構は、組織的にはご安泰のようです。
  • ヒゲ達磨
  • 2010/10/30 12:56 PM
  •  
「ロボット装置のようなものを研究開発すれば何年もかかるでしょうし、できない可能性が高いと思います。」ってありますが、何を根拠におっしゃってるのでしょうか。取材先や具体的な理由等ありましたら教えていただけないでしょうか。
  • rururu
  • 2010/11/04 9:52 PM
  •  
原子力は後処理とか市民団体との交渉とか廃棄物とか、色々面倒だから太陽+風力をもっと地道に活用しようよ。
  • 2010/11/19 3:16 AM
  •  
「もんじゅ」って前から冗談抜きでやばいことになってたのに、関心がない人は最近までまったく知らない人がいるくらい、情報が少ないと思います。
  • 原発無知男
  • 2011/05/23 4:48 PM
  •  
わざとでしょ
  • 2011/05/23 5:20 PM
  •  
隠蔽ですねえ。間違い無く。
  • owata
  • 2011/05/23 7:00 PM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
続・もんじゅが大変
炉内に落下してしまった部品の回収が失敗した模様。 記事を見る限り今後の運用ということに関してはかなりヤバイ状態。 日本の変態技術力で...
  • 妄想の備忘録
  • 2010/10/17 9:31 PM
  •  
banco-lifeよりのお勧め品
‖邉絅蹈椒奪販習機▲乾襯侫僖奪販習機B羹蠅砲魯魯鵐ーボードが便利です ぅ好謄鵐譽浩修離瓠璽襯椒奪スBL合格品ゥ侫Д蹈皀麩農厩畤
  • プロが選ぶ本物の道具店banco-life
  • 2010/10/20 5:46 PM
  •  
[原発] 無事に金曜日を迎えられたら祝杯をあげよう
  どういうわけかマスコミではほとんど報じられていないが、この23日には、あの「もんじゅ」で炉内中継装置の引き抜き作業が行われるという。   産経新聞[地方]ニュース(6/18): もんじゅ 落下装置、23日にも引き抜き 福井2011.6.18 02:50    日
  • 読む・考える・書く
  • 2011/06/21 11:10 PM
  •  
[原発] この機会に「もんじゅ」を止めなければ
23日深夜には終わるはずだった「もんじゅ」の炉内中継装置引き抜き作業は、ナトリウムが空気に触れて発火しないよう封入してあるアルゴンガスが漏れるなどのトラブルでヒヤヒヤさせられながらも、24日朝までかかってなんとか無事に終了した。 もちろん私は金曜の夜、こ
  • 読む・考える・書く
  • 2011/06/26 8:50 PM
  •