<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 中国でもTwitterは効く?白虎頭村の強制執行止まる | main | 米国住宅ローン問題の病根深く景気は戻らず >>

前特捜部長ら拘置延長、供述調書1通も作成されず

 大阪地検特捜部の証拠改ざん・犯人隠避事件で拘置されている前特捜部長・大坪弘道(57)と元副部長・佐賀元明(49)両容疑者が拘置延長を不服とした準抗告について、読売新聞が《「いたずらに身体拘束」…犯人隠避、前特捜部長ら準抗告で検察批判》と伝えました。最高検からのリークが連日、マスメディアで大きく扱われる中で世間の心証は有罪に振れており、検察捜査の在り方に慎重であるべき事件だけに是非とも必要な記事でした。

 「2人は最高検の調べに、故意の改ざんと伝えられたことを否定している。供述調書は1通も作成されていないという」「大坪容疑者の準抗告申立書では『逮捕前に参考人として長時間の取り調べを受け、自白するよう強く誘導された。これまでに自らが認識している事実をほぼ供述しているので、強要されない限り、新たな供述は生まれない。自供に追い込むためにいたずらに身体拘束しているに過ぎない』などと批判している」

 まさしく従来型の思いこみ検察捜査が密室で進められているのです。村木事件でこれが駄目だったのだとの認識が、まだ最高検に出来ていないことが不思議です。自分の見立て通りで最後まで突っ走る捜査は止めていただかなければなりません。今回、取り調べ状況の可視化が要請されたのに拒んだので、それなりに配慮しているのかと思いましたが、やっぱりでしたか。

 もう一度、申し上げて置かねばなりません。「逮捕の特捜幹部は最高検の見立ては間違っていると全面的に争う姿勢だといいます。マスメディアの報道も従来の検察報道パターンと変わっておらず、冤罪の可能性を担保する姿勢が希薄です。全体の構図がとても歪んでいて、奇妙だと思います」(第221回「信頼が無い最高検が特捜幹部を逮捕しても」から)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック