<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 検察審再議決、マスメディアの困った論調 | main | 過剰なノーベル賞騒ぎ、もうお終いにするべき >>

ノーベル化学賞らしい地味な研究に日本人2人

 ノーベル賞の中でも化学賞は特に地味な分野で、研究の面白さを一言で言い表しにくいことが多いのです。この賞が今年、根岸英一・米パデュー大特別教授(75)、鈴木章・北海道大名誉教授(80)、リチャード・ヘック・米デラウェア大名誉教授(79)に与えられると発表されました。メディアからネット上にも色々な情報が提供され始めています。狙いを絞った化合物を的確にかつ容易に合成できる方法を開発されたのですが、共通して特許を取られなかったと知って、研究者魂のようのものを感じました。

 根岸さんの声は《根岸さん「受賞は現実的な夢だと思っていた」》(読売新聞)にあります。ストックホルムのノーベル賞発表会場から電話でつないだインタビューで「――特許は取りましたか?」と聞かれ「クロスカップリングについて意図的に取っていません。多くの人が使いやすくするためです」と答えています。

 鈴木さんについては日経新聞が昨年の記事「新合成反応、30年経て脚光――有機ELや医薬、日本の技術貢献(日曜版)」を掘り起こしています。「鈴木名誉教授は、クロスカップリング反応に関して特許を出願しなかった。米国の研究者仲間からは『もったいないことをした』と指摘されるが、『当時、大学の教官が特許を出す雰囲気は全くなかったから』と振り返る」「仮に特許を出願していれば、企業はこの方法を回避する道を選んだかもしれない。『特許にしなかったので使いやすかったのでしょう』(鈴木名誉教授)。応用が広がった隠れた要因といえそうだ」

 人生万事塞翁が馬――なのですね。医学生理学賞を受けた体外受精開発のロバート・エドワーズ英ケンブリッジ大名誉教授と同様に、1970年代からの仕事が評価されての受賞です。ある研究分野が大盛況を迎えているとき、その分野のブレークスルーを起こした第一人者を特定して顕彰するのがノーベル賞の王道です。だから良い仕事をしても長生きしなければいけません。逝ってしまった惜しい人を思いながら、ニュースを聞きました。


コメント
ノーベル化学賞に鈴木名誉教授と根岸氏―【私の論評】二人とも言葉は違うが、学生は努力せよと述べている!!私もそう思う!!!

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。ノーベル医学賞や工学賞というものが存在しないことでも理解できるように、ノーベル賞はあくまで基礎研究に授与されるものです。基礎研究が日の目を見るまではかなり長い時間を要するということで、確かに、ノーベル賞を受賞するためには、長生きというのが一つの条件だと思います。ところで、二人の日本人がノーベル化学賞受賞の栄誉ということで、ここしばらく続いた閉塞感をいくぶんとも和らげてくれたのではないかと思います。この二人の受賞者の方々、言葉は異なりますが、「学生は努力せよ」という趣旨の言葉を述べておられます。しかし、両者には随分異なるところがあります。鈴木さんは、「日々精進」、根岸さんは、「受験地獄礼賛」という具合です。私のブログでは、この違いの背景について私の考えを掲載しました。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
こんにちは。ノーベル医学賞や工学賞というものが存在しないことでも理解できるように、ノーベル賞はあくまで基礎研究に授与されるものです。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック