<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
  • 脱未婚=結婚へ動き、30代から中高年まで活発に
    大山弘一 (11/28)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 新聞がウェブの使い方を変えつつあるよう | main | 戸別所得補償が米専業農家救出に効き始めた >>

電子書籍、登場直前?の気になる周辺情報

 相変わらず煮え切らない電子書籍の国内登場話ですが、「電子書籍出版の事なら イーパブス・ドット・ジェーピー出版」の「原稿募集のお知らせ」で「第一期で審査に合格した作品は、11月にオープンする予定のKindle日本語ストアで順次販売されます。(iBookStoreの日本語ストアのオープン時期は未定です)」と「11月」がアナウンスされています。INTERNET Watchの《書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK?〜福井弁護士に聞く著作権Q&A》とともにネット上、話題になっています。

 アマゾンはついに日本語書籍でも本格的に動くのでしょうか。印税・手数料として「Kindleの場合:作者様20%、弊社15%、Amazon65%」が提示されています。販売価格は作者が決められ、「Kindleの場合:通貨単位はドル・セントで、1セントきざみで指定できます。$0.99(約86円)や$2.99(約260円)が多いようです」とされています。募集はキンドルですから当然ながら白黒原稿に限られ、第一期審査は9月19日までです。iPadでも読めるようになるはずです。

 「著作権Q&A」は電子本の自主生産「自炊」をめぐる法律的な判断を、細かな岐路を含めて解説してくれます。これまでで最もまとまった形で法律専門家の見解が知れます。「そうなのか」と思わされたのが「Q3:家族などを除いて、自炊したデータを知人に譲渡するのは?」「A3:ハードごと渡す場合を除けば、基本的に違法です。」で「当初の“自炊”は私的複製だった場合で、これらのデータが保存されたUSBメモリーやiPadなどの機器ごと知人に譲渡する(デジタルコピーを行わないで譲渡する)ことは基本的に適法と考えられます。データを含む機器そのものを特定の知人に提供する行為は、複製権や後述する譲渡権を侵害しないためです」とあった点。「当初が私的複製なら」との前提ですが、デジタルデータ譲渡が適法とされるんですね。

 現れそうで現れない電子書籍。ハードウエアの販売が先行していますから、1カ月前にウオッチしたときと比べてオークションでの裁断済み本取引はますます盛んになっています。「裁断済」をキーワードにしてみるとヤフーでの書籍点数、種類が膨らんでいました。売り手はデジタルデータとして取り込みが済んでいますから、裁断処理料金程度の格安値付けがかなりあります。やはりコミック類がたくさんあり、需要が大きそうです。新書類をまとめて売って入札が多いケースもあります。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック