<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
  • 国にも原発事故責任、無原則な東電救済を許すな
    森田 (12/25)
  • 東アジア諸国の生産年齢人口が減少に転じる
    森田 (12/18)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile
<< 株式配当ばかりしている日本企業:通説と正反対 | main | 遅すぎた参院自民の「革命」、党外の反応は希薄 >>

大卒若者就職難のネット論議がホット展開

 読売新聞が6日に出した記事「大卒2割 就職せず…今春10万6000人」を巡って有力ブロガーらが取り上げ、ネット論議が盛り上がっています。この記事は「就職留年7人に1人、これも高学歴プアー」で紹介した今春の就職難規模が、文部科学省公表の学校基本調査ではさらに悪化していて、大学を卒業しての進路未定が10万人、留年も10万人に膨れあがっている話です。読売新聞のグッドジョブです。

 「茂木健一郎 @kenichiromogi さんの日本の就職連続ツイートとその反響」には「大学3年の夏から、実質上就職活動が始まる日本の慣習は、明らかに異常である。学問が面白くなって、これからいよいよ本格的にやろうという時に、なぜ邪魔をするのか」「新卒一括採用という慣習は、経営的に合理性を欠く愚行だとしか言いようがない。組織を強くしようと思ったら、多様な人材をそろえるのが合理的である」「日本の企業がiPadのような革新的な商品、googleやyoutubeのような革新的なサービスを出せない理由の一つに、大学3年から従順に就職活動をするような人材しかとっていないという事実がある」など。これまでもサイエンスやオピニオン系の取材をして、多くの研究者からたびたび聞いている趣旨の発言が含まれています。

 「内田樹の研究室」の「日本の人事システムについて」に多数のはてなブックマークが付きました。やはり新卒一括採用に疑問を呈しますが、従来とは目線を転換した発言です。「現行の就活は、『優秀な人材の登用』よりもむしろ、日本の若者たちを『組織的に不安にさせること』を結果として生み出していることを、企業の人事担当者はもう少し自覚して欲しい」「いまの雇用システムでは、『きわだって優秀な人間がそれにふさわしい格付けを得られない』ことよりも、『ふつうの子どもたちが絶えず査定にさらされることによって組織的に壊されている』ことの危険の方を重く見る」「正直言って、私は日本人がiPadを発明しなくても、YouTubeを発明しなくても、別に構わないし、それをとくに恥じる必要もないと思っている。それより、ふつうの人たちが等身大の自尊感情を持って暮らせる社会を確保することの方が先決ではないかと思う」

 確かに苦しんでいる若者の心に響くのでしょう。しかし、はてなブックマークを辿ると「新卒一括採用の是非」(nonomachon2ndの日記)は「新卒一括採用は悪だから廃止すべしといっても、廃止されて一番困るのは当の若者だ。新卒一括採用がなくなればアメリカやヨーロッパのように若年失業率は跳ね上がる。経験者たちと同じラインで就職活動するわけだから当然の帰結。若者が負うハンデは消えることはない」と現実問題を指摘をしています。「卒業後も自らを高める余力があるのは結局金持ちの子だけだ。貧困な大半の子は働かざるをえない。でも新卒一括採用がない。何かの専門能力を高めなければならない。でも仕事につけないのだから専門能力も高まらない。じゃあアルバイトでもするしかない。アルバイトで生活していくには正規労働者の1.5倍は働かないといけない。結局働きづめでいつまで経っても貧困から抜け出せない」

 読売新聞の記事は「国公私立の別では、私立が約9万3000人と全体の9割近くを占めた。また、進路未定者の6割超はいわゆる文系で、『私立文系男子』の苦戦が目立った」とも伝えています。「池田信夫 blog」の「大卒はなぜ職にあぶれるのか」は「経営者に『新卒一括採用はよくない』などと説教したって始まらない。それは日本的雇用慣行の中核にある年功序列システムの一環であり、人事システム全体を変えないで新卒一括採用だけをやめることはできない」と突き放していて、若者には評判が良くないようです。結論である「大学生の供給過剰は文科省がコントロールできるのだから、早急に対策をとるべきだ」は読売記事のこの部分と呼応していると観るべきでしょう。

 【参照】親サイト「インターネットで読み解く!」
   2010年「文系も理系も高学歴プアー:年上世代は身勝手」
   2002年第120回「負け組の生きる力・勝ち組の奈落」
   2000年第95回「学力低下問題の最深層をえぐる」


コメント
『仕事とは夢を実現させること』とおもっているイタい普通の文系大学生にわれわれ人事部が言いたいのは「じゃあ、ご自分の夢を仕事で実現したいとおもうなら、なぜ具体的な準備をしてこなかったのですか?」ということです。たとえば歌手なりたかったらボイストレーニングやダンスレッスンを受けるでしょう。看護師になりたい子は看護学校に進学して、国家試験に合格して資格を取って病院の面接に行きます。夢を実現したい子は普通、具体的に選考で評価されるであろう必要な努力をしてきているのです。20歳まわって、何のとりえもないのに、ふわっと有名企業を受験してまわるのは文系大学生だけです。

文系大学生は「サークルで部長でした」とか「バイト先で信頼されています」とか選考でまったく評価に値しない、確認のしようのないことばかり言います。面接官は体育会や留学での経験談を面接で聞きたいのではありません。この子が部下になってほしいかどうか?この子が営業マンで俺が客だとしたら好感
をもてるだろうか?…しか考えていません。学生はやりたい仕事幻想を捨て、企業が最も欲しがる営業職を志望し、企業規模を問わず身の程をわきまえた就活をしないとたちまち全滅してフリーターです。一生時給労働で、結婚もできず、健康保険も年金保険料も払えず、満足な医療も年金も将来受けることがで
きないのです。それが嫌なら営業職を志望して、片っ端から100社程度企業を受け続け、正社員の身分を手に入れるのです。それが正しい就活です。なお、新卒という時期は人生二度とない就活上の好条件で、ブランドです。ここで苦戦するような人材は一生仕事につくのに苦労するでしょう。
  • やまだ
  • 2010/08/09 9:07 PM
  •  
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
やまだとやら
あんたずいぶん、えらそうだな。
いったい何様のつもりだ。
  • 名無し
  • 2010/08/16 1:24 AM
  •  
やまだ氏の指摘は当たらずとも遠からず。
この指摘を真摯に受け止められない時点で問題ありなのではないかな?
文系の就職先が全て営業と言うのも極端だけれども
会社で金を稼いでいるのは営業さん
面接で「貴方、営業に回されてもいいですか?」と聞かれて、「頑張ります」と即答できないようなら
会社に「こいつは使えない」と判断されてもしょうがない。
少なくとも、旧帝大、早慶のトップクラスの人間が就職できない事態ではないので(東大トップでも人格的におかしければ当然就職できないが)
ある意味、将来のことを考えて、勉強なりをしてこなかった自業自得ともいえるのではないでしょうか?
そういった、遊び人の社会保障をまじめに勉強し、働いている人間が負担しなければならない社会はどうにかhしてもしいですね。
  • 2010/08/25 5:36 PM
  •  
大学にもいろいろあって、入試において偏差値の高いところ低いところ、研究において成果があるところないところ、研究および卒業において、卒業論文が必要なところ不必要なところ、一定のレベルの論文が求められるところほぼ無審査のところ。
だから大卒といっても一概に言えない。
まあ、まずは大学のレベルで足切りすれば間違いはないと思う。
  • 2013/05/31 10:28 AM
  •  
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
IC3 資格
IC3 資格についての情報です。
  • IC3 資格
  • 2010/08/09 5:48 PM
  •  
民主党代表選挙に思う
動画:総理は雇用、小沢氏は投資、どちらが勝つのか? 小沢氏政策 総理政策 小沢一郎さんの選挙の巧さ。@Espresso Diary@信州松本より 菅総理は「1に雇用、2に雇用」。小沢一郎さんは「投資をする」。ようやく雇用や投資という言葉が政治の前面に出てきました。  
  • ぶらざーてぃのblog
  • 2010/09/08 9:30 PM
  •  
就職活動 髪型
就職活動 髪型についての情報です。
  • 就職活動 髪型
  • 2010/09/17 11:55 AM
  •