<< May 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Latest Entry
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile

大津波2階建て構造論(NHKスペ)の衝撃は大

 7日夜放送の《NHKスペシャル「巨大津波 “いのち”をどう守るのか」》で、今回の大津波は2階建て構造になっていたという衝撃的な議論が出ました。防災対策上、非常に大きな想定変更を要求する観測があり、三陸沖、GPSブイに最初は2メートルの波高が押し寄せ、それが間もなく7メートルまで積み上がったのです。2階部分が積み上がるモデルとして、_,気譴討い紳舂Ε廛譟璽箸猟靴余紊りで従来から想定されていた第一波、沈み込むプレートとの間に長年堆積したV字地層でも活断層が目を覚まして跳ね上がり第二波――と考えられるようです。

 巡視船が沖合で10メートル級の波の壁に遭遇したのはまさにこれだったのでしょう。津波は岸に近づくにしたがい地形の影響で高さを増し、奥の谷間などでは最後に運動エネルギーを位置のエネルギーに変えて斜面を駆け上がります。三陸では結果として39メートルまでの大津波になったのです。仙台平野を深く襲った津波のボリュームの大きさにも効いたでしょう。12日午前0時15分から再放送があるので見ていただくとよいでしょう。

 前々から過去の大津波をプレート説だけで説明するのに不足感があったので納得しました。しかし、こうなると津波の防災想定を大幅に見直す、いや完全にやり直す必要が出てきました。ブログの反応はどう逃げるかの話に傾いていますが、こちらが本筋だと思えました。放送であるためにネット上の「はてなブックマーク」などでの注目が少ないのは残念です。