<< June 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Latest Entry
Profile  Facebook
Dando's Site
Category
Search

Archives
Recent Comment
  • 9/29で『Blog vs. Media時評』サイトは閉鎖
    KI (08/31)
  • 危機の現状に対策が噛み合わぬ科学技術基本計画
    次のノーベル賞か? (08/13)
  • やはりノーベル賞大隅さんの警鐘を無視した政府
    森田 (06/19)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    宮本由香里 (05/15)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    森田 (05/08)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    業界人 (05/06)
  • 社会の鏡インターネット検索、20年目にして危機
    あ (05/05)
  • 科学技術立国崩壊の共犯に堕したマスメディア
    森田 (04/23)
  • 自主避難の根拠は放射線障害防止法の下の平等
    (04/08)
  • 京大さん、日経さん、ネット調査信頼は無茶
    (01/16)
Recent Trackback
Admin
   
Mobile

新型インフル、4大都市圏がレッドゾーンに

 この週末、新型インフルエンザ感染が拡大し、29日午前11時現在で感染症情報センターがまとめた「日本の流行地図」で4大都市圏がレッドゾーン(感染者100人以上)入りしました。大阪・兵庫は最初からで、新たに加わったのは東京・千葉、愛知、福岡です。地図を引用します。これはニュースだと思うのですが、テレビ・新聞ともメディアには出ません。ニュース感覚を疑います。



 例えば1週間前は33人だったのが101人にも増えた愛知県があります。爆発的ではありませんが、あちこちの大学などで集団発生していて、無視できない小流行に見えます。ところが、地元紙の中日新聞の「愛知の感染者100人に」は「愛知県で28日、10代の男女7人に新型インフルエンザ感染が確認された。いずれも容体は安定。県内での感染確認者は、1日の初確認から数え、100人に達した」と淡々としたものです。

 厚生労働省の「新型インフルエンザに関する報道発表資料」では、数日前から午前6時を節目に24時間の感染確認分をまとめて発表するようになっています。毎日50人前後のリストを見ると、渡航歴無しが増えています。しかし、これまで「新型インフル感染爆発、豪ビクトリア州の失策 [BM時評] 」などで見てきたとおり、科学的にきちんとした新型感染モニタリングは国内ではただの一度も実施されていないのです。各地の保健所が感染を確定する遺伝子検査を積極的にしない方針であっても、ここまで数字が積み上がりました。実態はどうなっているのか、非常に気になります。

 6月26日ワシントン発の共同通信「米国で推計100万人感染 新型インフルで保健当局」は米疾病対策センター(CDC)が「ウイルスがまん延している地域では住民の6%が感染したとの評価で、特にニューヨーク市だけで全住民の約7%、約50万人が感染したとみている」と伝えています。